「パエリア」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるのかな。昔の体験や先入観とかそんなのが、「先生」が現してることとゴッチャになることって、よくある話って言われそうだし。

「パエリア」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるのかな。昔の体験や先入観とかそんなのが、「先生」が現してることとゴッチャになることって、よくある話って言われそうだし。

騎士のハートは砕けない

↑ページの先頭へ
枠上

気どりながら大声を出す友人とわたし

子供のころよりNHKを見ることが非常に多くなった。
昔は、親や叔母が視聴していたら、NHK以外のものが視聴したいのに考えていたが、近頃は、NHKも視聴する。
かたくない番組がものすごく少ないと考えていたけれど、最近は、おもしろい番組も以外と多いと思う。
それに加え、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
そして、攻撃的でない内容のものや息子に悪影響が大変少ないものがNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえ非常に暴力的のように見える。
いつもぼこぼこにして解決だから、子供も真似するようになってしまった。

雲の無い平日の明け方に歩いてみる
まだ見ぬロシアに、一回は行けたらいいなという夢がある。
学校での英語学習に行き詰った時、ロシア語を息抜きにやってみようと思い立ったことがある。
けれども、ぱらぱらめくったロシア語のテキストの最初だけで一日で辞めた。
動詞の活用形が半端じゃないくらい複雑だったのと、私にはできない巻き舌も多い。
観光客としてズブロッカとロシア料理を目指していけたらいいなと思う。
枠下 枠上

雲が多い木曜の昼に想い出に浸る

少年はとっても腹ペコだった。
もうじき夏休みという時期、小学校からトボトボと帰っていた。
セミもやかましく鳴いている。
日光は強く、夕方でもまだ陽は高かった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日はあまりにも空腹だったので、急いで帰宅してとにかく何か食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨晩のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋にいくらか残っていたはずだ。
ご飯もおそらく、余りが冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、早足で家へと向かった。
すると顔からは汗がいっそう流れてきた。

雪の降る平日の日没は読書を
友人が、マンションのベランダにて、トマトを作っている。
実がなったらサラダを作るらしい。
実は、マメに水も肥料も与えないし、ベランダでたばこをふかすので、トマトの生活環境はぜんぜん良くはない。
丸1日、水分をあげなかったという時の、その外見は、葉っぱが垂れ下がっていて、まさにガッカリしている様子に見える。
気の毒だったので、水と肥料をたくさんあげると、次の明け方のミニトマトは陽気に復活していた。
枠下 枠上

目を閉じて踊る兄さんと冷たい肉まん

集団検診は、例年どういうわけか引っかかる。
心臓だったり、数値だったり、胃だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを一杯飲んで受けてみて、診断結果を受け取ると、胃がんの疑惑が存在して、いち早く、胃の再検査を表に記載の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったていうかおそろしかった。
急いで評判の良い病院に胃カメラに行ったら、結局、胃炎だった。
胃はかねてより痛くつらかったので、定期的な診断に引っ掛かったのはわかるが、文で名前とがんの疑いがあると記されてあったらおそろしかった。

蒸し暑い金曜の朝は椅子に座る
去年の夏の真っただ中、クーラーの効いた部屋の中で冷たいドリンクだけ飲んでいた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、冷やすことが必要だと考えたから。
乾燥した室内で、シャツ一枚、それにアイスティーにアイスで体まで冷やした。
だから、順調だと感じていた猛暑対策。
すると、やってきた冬の時期、前の年の冬よりもかなり冷えを感じることが増加した。
部屋の外に出る仕事が増えたこともあるが、体が冷えすぎて買い物にすら出れないという事態。
なので、たぶん、暑い時期の生活は真冬の冷え対策にもつながると思う。
じゅうぶんにn栄養を取り、偏りのない食生活を心がけるのが懸命だと思う。
枠下 枠上

雲が多い木曜の朝にシャワーを

山梨県は、果物王国と言われているほどフルーツの生産が盛んだ。
日本でなかなか無い海のない県で南アルプスなどの山脈に囲まれている。
そのために、漁もできなければ米の栽培も全然盛んではない。
なので、甲斐をまとめていたあの柳沢吉保がフルーツ生産をすすめたのだ。
他県よりも優れている何かが欲しかったんだと思う。
山と山の間の水はけのよさと、山国ならではの寒暖の差は立派な果物を実らせる。

夢中で吠える妹と霧
小さなころから、素肌が全然強くなく、気を付けないとかぶれる。
それもあるし、ボディーソープの体に残ってしまう感覚が気持ち悪い。
だけど、寒い季節はかなりぱりぱりになるので、添加物の少ない化粧水を使っている。
これらの製品の残念な点は、料金がものすごく高く、なかなか買えないところだ。
枠下 枠上

雨が降る祝日の夕方に歩いてみる

友人の知佳子の彼であるSさんが経営する物産会社で、毎回和歌山の梅干しをお願いしている。
酔っぱらうと電話をかけてくるSさんの後輩のEくんという若者は、ぜんぜんトークがかみ合ったことがない。
酔ってないときのE君は、相当なあがり症らしくあまりたくさん話してくれない。
したがって、私はE君と話したと言えるくらいコミュニケーションをとったことがない。

騒がしく熱弁する妹とわたし
挨拶用で何着か少しだけスーツに合うシャツを持っているけれど、いつも選ぶ時にかなり試着する。
それくらい、着てみた感じにこだわってしまうのも変わってるかと感じていた。
そんな時に、仕事先で、ワイシャツは特注でという方がいたので、ビックリした。
たしかに、シャツだけでカッコよく見えるからかな、と思った。
枠下
枠下
枠上

サイト内コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2015 騎士のハートは砕けない All rights reserved.