「ハイボール」に関して本や論文を書く事になったら、どんなことを書く?「ラザニア」の由来や歴史とかかな。それとも、自分独自の視点からの意見かな。

「ハイボール」に関して本や論文を書く事になったら、どんなことを書く?「ラザニア」の由来や歴史とかかな。それとも、自分独自の視点からの意見かな。

騎士のハートは砕けない

↑ページの先頭へ
枠上

勢いで泳ぐあの子と観光地

釣り仲間がこのごろフカセ釣りによくスポットに行ったらしい、何匹しかあげれなかったらしい。
雑魚があきれるほどいて、フカセ釣りが難しかったらしい。
だけれども、しかし外道だがイノコの40cmサイズが釣れたらしいから、うらやましい。
どんだけ前かもらって刺身で食したが大変好みだった。
大物でおいしい魚が釣れたと聞いたら興奮して早く行きたくなるが、まだ行けないので今度だ。

具合悪そうに歌う父さんと月夜
どんなことでも一つの趣味を、長期で続けている根気のある人に拍手を贈りたい。
フットボールだったり、写真でも、凄く小さなことでも。
毎年一度、学生時代からの仲間で、いつものホテルに連泊する!というような事も良いと思う。
習慣的に一つを続ければ、絶対実用レベルまで達することができる。
わたしは、幼稚園の時にピアノと油絵を習っていたが、また学習したいな。
こう感じるのは、家のの角にお父さんに貰ったピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一度練習したいという夢がある。
枠下 枠上

雲の無い水曜の晩に散歩を

遠くの里方に住んでいる妻の母も孫娘だといって、とてもふんだんに手作りのものを縫って届けてくれている。
アンパンマンが非常に好みだと話したら、伝えたキャラクターの布で、ミシンで縫って作ってくれたが、生地の思ったよりものすごく高額できっきょうしていた。
生地は縦、横、上下の向きがあるので手間だそうだ。
けれども、大量に、ミシンで縫って作ってくれて、送ってくれた。
小さな孫はとってもかわいいのだろう。

息絶え絶えで吠える父さんと擦り切れたミサンガ
タイムイズマネーとは、的確な名言で、ぼやーっとしていると、本当にすぐに自由な時間が無くなってしまう。
今よりもスピーディーに仕事も課題も終われば、そのほかの仕事に貴重な時間を回せば効率がいいのに。
部屋の整理をしたり、散歩したり、料理にチャレンジしたり、英会話テキストを読んでみたり。
とのことで、ここ最近、しゃきしゃき取り掛かろうと心がけているが、どこまで頑張れるのか。
枠下 枠上

暑い日曜の日没はお酒を

出張の時間つぶしに、花の美術館に行ってから、あの場所に病みつきだ。
意外だったのは、一人でじっくり見にきている方もいたこと。
なのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展がとても以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、イベントが非常に横須賀美術館は、大好きな谷内六郎の作品の展示が多数ある。
どんな人かと言えば、あの週刊誌、新潮の表紙絵の作家さんだ。
それ以外でも、江戸村の近くにある、竹久夢二の美術館で、たくさんポスターを買った思い出も。
今でも、美術館にはなにかと魅力的な時間を楽しませてもらっている。

目を閉じて吠えるあの子と履きつぶした靴
中洲の水商売のお姉さんを見ていると、すごいなーと思う。
それは、磨き上げたルックス、トーク術、そのための努力。
お客に全て勘違いをさせないで、仕事だとちらつかせながら、また店に来てもらう。
そして、もしかしてこのお姉さん、自分に本気かもしれないと気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
それは置いといて、私は売れっ子のホステスさんたちの月給がとても知りたい。
枠下 枠上

ひんやりした祝日の早朝に立ちっぱなしで

江國香織の物語に出てくるヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
旦那さん以外との恋愛を悪としない。
けれど、運命的に大切に思っているのは旦那さんだけのただ一人。
このような女の人たちがよく登場するような気がします。
不倫を陰だと置くと、本命は陽。
ふとした瞬間にスイッチが入ったように陰が襲ってくる。
結婚以外での恋愛に関する価値観は無視して、登場するヒロインを凝視する。
私の中にもう一つの恋愛観や価値観が姿を見せることもある。

勢いで熱弁する姉妹と暑い日差し
出張業務に行けば、四日くらい泊まり込みの日々がある。
その最中は、意欲はあるけれど、凄く気を張っているので、毎日2時間睡眠。
起きる時間のかなり前にもかかわらず、眠いのに目が覚める習慣がある。
大変だけれど、帰って来た時のやりきった感は最高だ。
思う存分遊んでしまうし、眠るし、しっかり食事をとる。
枠下 枠上

息もつかさず走る彼女とアスファルトの匂い

日本は、たくさんのお祭りが開催されているようだ。
この目で確認したことはないが、じゅうぶん知っている祭事は、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
圧倒されるような彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を観光したときに、写真や実際の大きさのそれらを見せてもらった。
12月に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
リアルタイムで見たい祭事の一つでもある。
もうすぐ開催されているのは、箱崎のほうじょうえが有名で、生き物の命を奪う事を禁じる祭り。
江戸の頃は、このお祭りの行われている間は、漁も禁止されたという。
代々続く祭りも大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同様に好き。

気持ち良さそうに話す母さんと月夜
近頃は、砂浜に釣りに出かけていない。
日々の業務でたいそう忙しくて疲れていて行けないのもあるが、しかし、すごく蒸し暑いので、釣りに行きにくいのもあることはある。
それに、休憩中に近くの漁港を見て、釣り人に聞いても爆釣の気配がないから、絶対に出かけたいとは思わない。
たいそう魚があがっていたら出かけたくなると思う。
枠下
枠下
枠上

サイト内コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2015 騎士のハートは砕けない All rights reserved.