「ハンバーグ」のことを好きという人もいれば、嫌いという人もいるだろう。なにも思わない人だって。アナタが感じる「使命」はどうなんだろう?

「ハンバーグ」のことを好きという人もいれば、嫌いという人もいるだろう。なにも思わない人だって。アナタが感じる「使命」はどうなんだろう?

騎士のハートは砕けない

↑ページの先頭へ
枠上

雲の無い仏滅の早朝は食事を

会社に属していたころ、いまいち辞める機会がなかった。
とても辞職したかったという訳ではなかったから。
続ける意思がないのかもしれない。
考えるのが面倒で、ある日、はっきりと今月で辞職すると言った。
そんな日に何故か、普段すごくまじめだと印象を抱いていたKさんが、声をかけてきた。
会話で、ほとんど事態を知らないKさんが「この仕事、大変だけど、だけど君はもう少しやれると思うよ。」と言ってきた。
このタイミングだったので胸が苦しくなった。
これも何かのきっかけだと思い、会社の帰りに、教育係に退職を受理しないようにしてもらった。

湿気の多い週末の晩は散歩を
「間違いなくこうで決まっている!」など、自分の価値観のみで他人を判断するのは悪い事ではない。
けれど、世間には自我と言われるものが個人の周囲に浮いている。
この事を頭に置いておけば自信を持つのは悪くないけれど、あまりにも反論するのはどうかな?と思う。
これも個人の考えでしかないけれど。
暮らしにくい世の中になってもおかしくないかもしれない。
枠下 枠上

熱中してダンスする彼と電子レンジ

油絵やフォトといった芸術観賞が大好きで、絵も描けるのに、写真が非常に苦手だ。
それでも、前、一丁前に、一眼を大切にしていた時期もあり、どこに行くにも持ち歩いたりした。
驚くほどピントが合ってなかったり、センスのないアングルなので、カメラが笑っているようだった。
それでも、カメラや加工はやっぱり凄く最高にカッコイイと感じる!

雪の降る木曜の夕暮れはゆっくりと
タバコは自分の体に一利もない。
と言う事実はあるものの、指摘されても購入してしまうものらしい。
新入社員の頃、顧客として会った建設会社の専務のおじさん。
「この体が病気一つしないのはタバコと酒のおかげです!」なんて堂々と言っていた。
こんなに堂々と聞かされるとストレスのたまる禁煙は無しでもいいのかもな〜と思う。
枠下 枠上

余裕でダンスする彼と夕立

会社で不可欠な竹をコンスタントにもらいうけるようになり、願ったりかなったりなのだが、しかし、歩けないほど多い竹がいやでもっとたくさん持っていってほしい土地管理者は、必要以上に竹を持っていかせようとしてくるので面倒だ。
いっぱい運んで帰っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、太い竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれとしきりにせがまれる。
私も必要なものをもらっているので、断りづらい。

泣きながらお喋りする兄さんと枯れた森
本日の晩御飯は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は下校の時、思わずスキップしてしまうほど嬉しかった。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと想像していた。
パスタやオムライス、もしかしてステーキも?なんてメニュー一覧には何があるのかと想像していた。
今回は近所のファミリーレストランだ。
お父さんが運転してくれている車はそろそろ目的地に着く頃だ。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉さんは後部座席で、携帯電話をいじっている。
少年は車から飛び降りると、喜び勇んで入り口の扉を開けて皆が来るのを待った。
枠下 枠上

前のめりで走るあなたと濡れたTシャツ

このようにネットが普及するとは、中学生だった私は全く分からなかった。
品物を扱う会社はこれから先競争が激化するのではないかと思う。
ネットを使って、どこよりも安い物をを探すことができるから。
争いが進んだところでここ最近よく見れるようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
今は、手段が売れるようにな時代で、何が何だかよくわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

控え目に踊る彼女と紅葉の山
タリーズでもロッテリアでもどこででもコーヒーは飲むことができる。
もちろん、部屋でインスタントでも手軽だし、自動販売機で買う

私が好きなのがスターバックスコーヒーだ。
全店禁煙と言うのが、タバコの無理な私にはポイントが高い。
なので、コーヒーの匂いをより堪能できる。
価格もそれなりだが、立派な豆が使用されているのでコーヒー好きにはたまらないと思う。
甘いもの好きには毎回コーヒーと一緒に、つられてデザートなど注文してしまうという落とし穴もある。
枠下 枠上

騒がしく話す父さんと季節はずれの雪

お盆やすみが近くなって、「とうろう」などの催しが近辺で実施されている。
近所のイベント会場では、竹や木で作成されたとうろうが飾られていた。
近辺のイベント会場では、夜更けには電気の明かりは付けられてなくてなくて、灯篭の中のろうそくの照明だけなのは、ものすごく眩しかった。
竹や木の中でろうそくがついていて、マイルドな灯りになっていた。
きめ細かい光源が付近の樹々を照らし出していてすごく素敵だった。

気どりながら叫ぶあの子と暑い日差し
ショップ店員さんってなりたくないなど思うのは私だけだろうか。
毎日、完璧にファッションを選ばないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で働くときはスーツを着るといいし、化粧も簡単でそれでよし。
遊びに行くときは、自分で納得する服装を選べばいいし、家で仕事するときはワンピース一枚でできる。
だから、おそらく、服を売るなんて商売には、就けない。
服を選んでいると、店員さんが話しかけてきて服の説明やコーディネイトを教えてくれる。
毎回それに怖くなり、買わずに逃げ出してしまう。
こういった部分も、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。
枠下
枠下
枠上

サイト内コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2015 騎士のハートは砕けない All rights reserved.